KAICOロゴマーク

Companyチーム

代表メッセージ

「蚕で世界を変えていく。」とは大袈裟でしょうか?

明治時代、江戸末期に開国してからの日本を世界に知らしめることになった貿易品種は蚕が生み出してくれる生糸でした。しかし時代の流れとともに蚕の役目は減少し、蚕はいつしか人目も触れない昆虫になっていました。そんな蚕に新たな役割を持たせることができる研究開発が九州大学で行われ、その研究成果をもとに2018年に弊社は創業しました。

私たちは創業当時から蚕でワクチンを作ると宣言していましたが、「昆虫で薬なんて出来ない、人用に使うなんて前例がない」と言われ続けてきました。それでも蚕の可能性を信じ開発を続け、蚕だからこそ作れる経口ワクチン(食べるワクチン)の実用化に成功しました。最初は豚の経口ワクチン・飼料添加物から始めますが、将来は人用の経口ワクチンを完成させます。

そんなKAICOはいろいろな方々から応援して頂き、そしてついに次のパンデミックのためのニューモダリティーワクチンとして国から研究開発の助成を頂くまでになりました。人間のための蚕のワクチン実現にはまだ時間がかかりますが、その時が来たら人類の危機を救うことができると信じています。

「蚕で世界を変えていく。」

大袈裟ではない気がしませんか?

代表取締役 大和建太

KAICOチーム

創業者・代表取締役
大和 建太

三菱重工、POSCO、九州大学大学院特任准教授を経て2018年にKAICOを創業。

取締役
原口 亨

薬剤師、有限会社ファルマウニオン代表取締役(現任)
公益社団法人日本薬剤師会常務理事を務め、薬学に関する深い知見及び業界での経営経験を有す。

社外取締役
山口 泰久

FFGベンチャービジネスパートナーズ取締役副社長(現任)
長年の投資経験からファイナンスのみならず経営全般の知見を有す。

監査役
高田 仁

九州大学大学院経済学研究院教授
アントレプレナーシップセンター長も務め、スタートアップ経営に関する深い知見を有す。

最高技術責任者
谷口 雅浩

医療用医薬品、医療機器メーカー出身

受託生産から自社ワクチン開発にいたるまで技術全般の戦略構築や管理を担う。

博士(薬学)、薬剤師

最高財務責任者
熊崎 有希 

十八銀行、三菱UFJリサーチ&コンサルティングにて融資経営改善業務を経験。
CFOとして資金調達、財務管理を担う。

ゼネラルマネージャー
中原 洋

医療用医薬品・ワクチンメーカー出身
ゼネラルマネージャーとして部門統括、品質マネジメントシステム推進、組織パフォーマンス向上に従事。

品質保証:シニアマネージャー
江崎 啓一  

医療用医薬品・ワクチンメーカー出身
研究成果をベースとした製品開発に従事し、製品の安定な生産、供給ができる製造管理体制の構築に貢献。

研究開発:シニアマネージャー
佐々木 友樹  

医療用医薬品・ワクチンメーカー出身
研究開発を担当。ワクチン・サプリメントの生産技術基盤の構築や評価法の確立に従事。

生産開発:マネージャー
中武 洋和  

化学メーカー出身
カイコバキュロ発現系による受託タンパク質開発から試薬・飼料生産に貢献。

品質保証:マネージャー
境 恵子  

医療用医薬品原薬メーカー出身
医薬用原薬製造メーカーで、工業化研究、製造、品質管理、品質保証業務に従事。現在は品質保証業務を担当。