KAICOロゴマーク

Service Productワクチン事業動物用ワクチン事業

動物用ワクチン事業では、哺乳類、鳥類、魚類を中心とした動物に対する製品を開発しています。経口剤と注射剤の2つの剤型と、飼料添加物とワクチンの2つの製品カテゴリーでの開発経験があります。

PCV2経口ワクチン / 飼料添加物

背景

豚サーコウイルス2型(以下PCV2)は国内外で流行する豚の感染症である豚サーコウイルス関連疾病(PCVAD)の原因ウイルスです。農場のほぼ100%で感染がみられ、離乳後多臓器性発育不良症候群(PMWS)による発育不良、削痩、繁殖障害を生じます。PCVADによる経済損失はEUで年間6億ユーロとの試算もあります。PCV2は常在型のウイルスで、消毒や熱に強く清浄化が困難であり、ワクチンによるコントロールが標準となっています。

市販ワクチンは全て注射型で、日本国内では全頭ワクチン接種が義務付けられていますが、1頭ずつ接種する手間やコスト、さらに残留針の混入リスクが課題となっています。KAICOでは、室温保管が可能な餌に混ぜられる粉末型の経口ワクチンを開発中です。医薬品としての開発と並行して、途上国にて導入しやすい飼料添加物としても開発を進めており、2024年中に養豚が盛んなベトナムでの上市予定です。

開発状況

実際の豚を用いた実証試験にて、カイコ粉末の嗜好性は問題ないこと、また、子豚に食べさせた場合、投与群では人工的にウイルスを曝露させた条件でも有意にウイルス血症や発育不良を抑制していることが確認されています。また、母豚に食べさせた場合には母豚から子豚へ母乳を介して抗体が移行することも確認できており、より効率的な免疫付与方法への取り組みにも挑戦しています。